うつ病は激しく持続的な落ち込みなどを起こす精神の状態のことで、人によって症状はいろいろです。

うつ病が深刻な社会問題となるため、悩み相談サービスなども年々充実していっています。

うつ症状には大うつ病性障害、双極性障害、統合失調症などがあり、うつ病を一言で分類するのは大変難しいものです。

軽いうつ病が安心かということもなく、軽度のうつ病でも死にたい・眠れない・生きているのがつらいという感覚に襲われる場合があるのです。

うつ病になる原因もさまざまで、パワーハラスメントでうつ病になる場合などもあります。

うつ病になった人の家族やまわりの人も、うつ病に対する正しい知識を持つ必要があり、「うつ対応マニュアル」は内閣府から配布されています。

治療法もうつ病の症状にあわせていろいろあり、自己判断は危険です。

うつ病について正しく知り、必ず専門医の診断を受けるようにしましょう。